FC2ブログ
なるほどレシピ
楽しみ方いろいろ、おいしさバツグンのレシピ集です。栄養士さんと
一緒に考えたから、栄養バランスも満点!ぜひつくってみてくださいね。
季節の食材レシピ 郷土料理レシピ お手軽レシピ 子供とつくろうレシピ ごほうびレシピ 応募レシピ

2010-09-06|郷土料理レシピ

鮭とひじきのお焼き

鮭とひじきのお焼き

【材料 2人分】
鮭(甘塩) 1/2切れ(40g)
長芋 250g
人参 20g
あさつき 1/2把
乾燥ひじき 10g
卵(小) 1個
焼海苔 1枚
片栗粉 小さじ2
オリーブオイル 大さじ1/2
クレソン 2枝
レモン 1/2個
サラダ菜 2枚

【作り方】
① 長芋は3㎝の輪切りにし、皮を剥いてラップに包み電子レンジで約8分加熱し(蒸し器では約18分)、熱いうちに木じゃくしでつぶし、溶いた卵を加え混ぜる。
② 鮭は焼いてからほぐす。
③ ひじきは水に漬けて戻しておく。
④ 人参はみじん切りにし、あさつきは小口切りにする。
⑤ ①に②~④を加え混ぜる。
⑥ ⑤を8等分にして、小判のような形にまとめ、両面に海苔を貼り付け、片栗粉を軽くまぶす。
⑦ フライパンをよく熱し、オリーブオイルを入れ⑥を中火で両面ゆっくりと焼く。
⑧ 器にサラダ菜を敷き、⑦を盛り、レモン・クレソンを飾る。

レシピ提供:愛知県栄養士会
スポンサーサイト



2010-09-06|郷土料理レシピ

ミニ五平もち

ミニ五平餅

【材料(2本分)】
ご飯 200g
みそだれ
市販の調味みそ 大さじ4
ピーナッツの粉末
(またはクルミの粉末) 大さじ2
えごま 大さじ1

【作り方】
① 温かいご飯を、すりこぎでつぶす。
② 6等分して平たい円形にする。
③ ホットプレートで②を焼く。
④ Aをあわせて、みそだれを作る。
⑤ 焼きあがった③を串に3個ずつさして、みそだれをぬる。温かいうちに食べないと固くなる。

五平餅、五幣餅、御平餅ともいう。信州南部から岐阜北部、奥三河地域の名物。精米の途中で割れてしまった米を、美味しく食べる方法として作られたともいわれる。
形は地域によりいろいろあり、わらじ状にのしてヘギにつけたもの、団子状ものなどある。



レシピ提供:愛知県栄養士会

2010-09-06|郷土料理レシピ

いがまんじゅう

いがまんじゅう

【材料 4個】
米粉 100g
薄力粉 5g
砂糖 30g
水 80ml
こしあん 80g
食紅 赤、黄、緑 各少々
もち米 30 粒

【作り方】
① 赤、黄、緑の食紅それぞれに数滴の水を入れて色水を作り、それぞれに、もち米10 粒を分けて入れ、しばらく浸して着色する。
② こしあんを4等分して、丸めておく。
③ 鍋に水と砂糖を入れ、火にかけて沸騰させる。
④ 米粉と薄力粉を合わせたものに②を入れて、よくこねる。この生地の固さは、耳たぶくらいに調整する。
⑤ ③の生地を4 等分して丸めてのばし、真ん中にあんをのせて包む。
⑥ 5cm角位のクッキングシートを4枚作り、その上に⑤をのせて、①を上につける。
⑦ 蒸気の上がった蒸し器に⑥を並べ、強火で20分蒸す。

主に三河地区で食べられている、雛祭りの伝統菓子。ひなまんじゅう、いがもち、いがだんご、ほうそうまんじゅうなどとも呼ばれている。 こしあんを米粉の皮で包み、色をつけたもち米を上に飾る。


レシピ提供:愛知県栄養士会

2009-02-11|郷土料理レシピ

おこしもの(ひな菓子)

おこしもの

<材料 約20~30個分> ※木型の大きさにより数は異なります
 米粉   1,400g
  ・生地用に1,100g
  ・色生地用に240g(赤、黄、緑の3色で各80g)
  ・打ち粉用に60g

 熱湯   750cc
 生地調整用のお湯 50~100cc
 色つけ材 適量(赤・黄・緑の色生地用)
  ・赤:トマトジュース(あれば無塩)
  ・黄:クチナシの煮出し汁
  ・緑:抹茶+お湯 ※よもぎ粉でもOK

 木型 →ない場合は、粘土のように好きな形にアレンジしたり、
     平たくのばしてクッキーの型で抜いてもOKです

<作り方>
1.生地用米粉を練り鉢に入れ、熱湯を静かに注ぎ、
 菜箸でよくかき混ぜる。
2.両手で10分位こねる。
 耳たぶ程度のやわらかさになるよう、湯を足しながら調整する。
3.色生地をつくる。米粉80gに色つけ材を少しずつ加え、
 各色とも耳たぶ程度のやわらかさになるまでよくこねる。
 ※緑は抹茶の粉を先に入れ、お湯を足しながら調整する。
4.木型に打ち粉をふって余分な粉を落とし、
 3の色生地を少しずつ置いてから、
 2の生地を木型にしっかり詰めて型からはみ出さないようにする。
5.木型を横に立てトントンとたたき、型から抜く。
6.蒸し器に蒸し布を敷き、5を入れて約15~20分蒸す。
7.蒸し上がったら、網の上などでさます。

おこしものイラスト



おこしものサブ1
おこしものサブ2




<ひとこと>
おこしものは、おひな様へのお供えものとして、
西三河や名古屋地方に古くから伝わる郷土菓子です。
米粉を練ったものを木型に詰めて、型から抜くことを「起こす」といい、
その名がついた行事食なのです。

蒸したては、そのまましょうゆ(または砂糖じょうゆ)をつけて食べます。
硬くなったら、トースターやグリルで少し焼くといいですよ。
1つずつラップに包んでビニール袋に入れれば冷凍保存もOKです。

色づけの方法は、蒸した後に色粉をといた水をハケで塗るのが一般的ですが、
子どもたちが安心して食べられるよう、合成着色料を使わずに
トマトジュースやクチナシの実、抹茶といった自然のもので着色しています。
仕上がりにツヤを出したければ、打ち粉を片栗粉に変えてもいいですよ。

                             提供:猿投地域消費者グループ

2009-02-11|郷土料理レシピ

からすみ(ひな菓子)

からすみ

<材料 8本分>
 米粉   1,400g
 砂糖   400~500g
 熱湯   950cc
 生地調整用のお湯 50~100cc

<作り方>
1.米粉を練り鉢に入れ、熱湯を加えて菜箸でよくかき混ぜる。
2.両手で10分位こねながら、おこしものより少しやわらかくなるよう
  湯を足しながら調整し、10個位の平たいかたまりにして、
  蒸し布を敷いた蒸し器で強火で15分ほど蒸す。
3.2を練り鉢に入れ、あら熱をとり、砂糖を3回に分けて練り込む。
4.3を8等分に分け、15~20cm位の棒状にする。
5.手のひらで平たく押さえ、菜箸で2~3本の線を入れる。
6.15分ほど蒸し、さめたら1cm幅に切って、切り口をずらして飾れば出来上がり。

からすみサブ2
からすみサブ1




<ひとこと>
「からすみ」と聞いて珍味を連想するかもしれませんが、
もともとは岐阜県東濃から愛知県奥三河にかけて、
ひな菓子として親しまれてきた行事食です。
よくこねるほどおいしくなるので、ガンバってみてください。

おこしものと比べて、見た目はシンプルですが、
ほのかな甘みはきっとクセになりますよ。
砂糖は白砂糖よりも、ミネラル豊富で体にやさしい「粗糖」がおすすめです。
黒砂糖(粉状)を使ったものは、風味が増して人気の味。
粗製糖と一緒に大さじ2~3杯の抹茶を加えると、色も香りも楽しめます。

硬くなったら、トースターやグリルで焼けばOKです。
冷凍保存できるので、すぐに食べないときは
ラップに包んでビニール袋に入れてから凍らせてくださいね。

                              提供:猿投地域消費者グループ